【2020年】ライブ配信アプリおすすめ | ランキングTOP11を徹底比較‎

【2020年】ライブ配信アプリおすすめ | ランキングTOP10を徹底比較‎

「ライブ配信をするなら、どこがおすすめか」 これからライブ配信をしたい人にとって、悩みの種の1つです。

とはいえ、 ライブ配信アプリがたくさんありすぎて、迷う・・・ ・そもそも、何が違うの? という方も多いと思います。

そこで今回は、ライブ配信をするのにおすすめなアプリをランキング形式で紹介していき、悩みを解決します。

具体的には

  • ライブ配信の選び方
  • ライブ配信アプリのおすすめを紹介
  • ライブ配信アプリは稼げる?

の3つを順番にご紹介していきます。

迷ったらこの3つをDL!

  1. ふわっちLIVE
  2. Pococha(ポコチャ)
  3. BIGO LIVE

 

ライブ配信アプリ選びで気をつけるべき④つのポイント

ライブ配信アプリの選び方は、ライバー側とリスナー側によって、非常に違います。今回は、「ライブ配信をするなら、どこがおすすめか」 ということを前提に置いて、解説します。ライブ配信アプリの選び方は、以下の4つのポイントから選んだほうがいいです。

  1. ユーザー数
  2. 稼ぎやすさ
  3. 配信環境
  4. 安全性

 

① ユーザー数

ユーザー数は、ライブ配信アプリの人気度を表しています。ユーザー数が多ければ多いほど、見てくれるリスナーも多いということなので、ユーザー数は重要です。

そして、ユーザー数は稼ぎやすさに直結してることがあります。

なぜかというと、ライブ配信アプリのほとんどが、収益方法として投げ銭システムを導入しているからです。投げ銭とは、ストリートミュージシャンや大道芸人に、賞賛などの意を示すためにお金を挙げるアレのことになります。投げ銭は1人が投げる金額の大きさによりますが、多くの人に投げてくれた方が、稼ぎやすいです。このため、ユーザー数は稼ぎやすさに直結していると思えます。

② 稼ぎやすさ

稼ぎやすさについては、収益方法や収益化の幅、還元率、換金率が注目されます。

ライブ配信でお金を稼ぐつもりはない方には、あまり関係ないかもしれません。しかし、月5桁~6桁の収益を生んでいる方は、ざらにいるので、頭の中に入れてもいいと思います。

収益方法は、ライブ配信の場合投げ銭システムがメインになるので、やり始めた時から、数万円数十万円というまとまったお金が稼げるわけではありません。そのことよく頭に入れて、稼ぎやすいライブ配信アプリを探してください。

③ 配信環境

配信環境は、手軽さや映像が止まらないかなどを見るものです。

一昔前までは、ライブ配信をするのに、数多くの機材や設備を必要としました。マイクやカメラ、照明などが代表的で、1つ1つの機材・設備が値段が高く重いものでした。しかし、これらの悩みを解決したのが、スマホ1台でライブ配信ができるアプリです。

このため、ライブ配信アプリ自体が、非常に手軽で便利なのですが、中にはライブ配信をするのに料金が発生したり、面倒な手続きが発生したりするアプリもあります。また、ライブ配信アプリの中には、サーバーが弱くて、映像が停止したり、ライブ配信ができなくなったりするトラブルがよくおこるアプリもあります。ライブ配信アプリを選ぶうえで、配信環境のことは忘れがちですが、重要項目の1つとして考えるべきでしょう。

④ 安全性

最後に安全性は、アプリの運営元がどのようなトラブル対策をしているかどうか、確認するためのポイントです。

ちなみに、ライブ配信をする上で、自分自身で気をつけなくてはいけないことについては、安全性の中には入っていません。そもそもライブ配信は不特定多数の人たちに見られていることと同じです。自分の個人情報や部屋の様子をライブ配信で流せば、個人情報が流失されて、ライブ配信外でトラブルに巻き込まれやすくなります。

このため、アプリに安全性を求めるのは当然ですが、自分自身も安全性について考える必要があるのです。

 

【2020年】ライブ配信アプリおすすめランキングTOP11

第1位 ふわっちLIVE

  • 配信料金無料で高画質 ・配信の盛り上がりによってポイントゲット
  • そのポイントは、現金やギフト券に交換可能
  • PCやスマホ、両方で配信可能

ふわっちは誰でも気軽に生配信できます。配信料金が0円で、高画質機能や外部ツール配信機能といったオプションがすべて無料です。

PCからでもスマホからでも、配信可能です。また、配信の盛り上がり度によって、ふわっち運営から現金やギフト券に交換できる特別なポイントをもらえます。その盛り上がり度は「デイリー」「マンスリー」「リスワン」というランキングがあり、ランキングの順位によってその特別なポイントがもらえます。

そして、もう1つふわっちには大きな特徴があります。それは、投げ銭の換金レートを公開していることです。この特徴はライブ配信アプリで唯一。ふわっちの投げ銭換金レートは50%で、ライブ配信アプリの中では、高いです。他のライブ配信アプリでは、換金レートを明かしていないうえ、50%よりも低いといわれています。稼ぎやすさに特化したライブ配信アプリです。

ユーザー数 若干少ない、年齢層が高め
稼ぎやすさ 視聴者からの投げ銭が受けやすい
配信環境 24時間以上使えて、低画質になったり、配信が止まることはない
安全性 アンダーグラウンドな配信者もいるので、比較的低め

 

第2位  Pococha(ポコチャ)【PR】

  • ライバーのランク制度
  • イベントにエントリーして、広告
  • 雑誌に出演 ・配信に対して報酬がもらえる

ライバーの実績や頑張りがランクとして反映され、現金に交換できるポイントをもらうことができ、安定的に報酬を得られる仕組みを導入している数少ないサイトです。

収益化の方法として、投げ銭・配信の盛り上がり度によるPocochaからの報酬がありますが、もう1つ他のアプリにはない収益方法があります。それは動画を配信するだけで Pocochaから報酬がもらえるというものです。ランクによっては、1時間の配信で、約1000円分相当のダイヤ(ポイント)がもらえます。

また、Pocochaの配信イベントに勝ち抜くと、Pocochaの広告や人気雑誌に出られるので、有名人になれるチャンスがあります。

ユーザー数 人気上昇中!10代20代に多い
稼ぎやすさ 還元率が高く、頑張りようによって高報酬になる
配信環境 DeNA社による24時間監視体制・NGワード機能
安全性 カスタマーサポートの充実していて、 悪質コメントがシャットアウトできる

 

稼ぎやすさ・ユーザー数は、アプリごとによって非常に違いますが、配信環境や安全性に関しては、どこも申し分ないレベルです。

迷ったらこの3つをDL!

  1. ふわっちLIVE
  2. Pococha(ポコチャ)
  3. BIGO LIVE

何選べば良いか分からない人は、おすすめ3アプリをダウンロードして自分に合うかどうか試してみよう。どれも無料のアプリなので沢山ダウンロードしても損することはありません。アプリによってそれぞれの特徴やユーザー(属性)が違うので実際に使って体験するのが間違い無いでしょう。

 

 

第3位 BIGO LIVE

  • シンガポール発のライブ配信アプリです。
  • 世界で2億ダウンロード以上
  • 男女比は「男性3:女性7」

BIGO LIVE(ビゴライブ)は、シンガポール発のライブ配信アプリです。

現在は世界で約2億人が利用していて、東南アジアを中心に大ブームとなっています。

機能自体は他のライブ配信アプリとほぼ同じで、無料でライブ配信ができます。

 

第4位  17Live(イチナナ)

  • 世界中で4200万以上のユーザーに使われている
  • 生配信のための設備がいらない
  • ライバーとリスナーの民度が高い

4200万ユーザー以上に使われているというのは、日本でもトップクラスの生配信アプリです。イチナナライブだけで、約7000人以上の生配信者が活躍していて、24時間盛り上がっています。

また、ライブ配信するのに設備はいらずに、簡単操作で始められて、18禁のコンテンツもないので、気軽にそして安全に利用することができます。

安心安全で24時間盛り上がっているイチナナライブは、期間ごとにイベントを開催していて、イベントでランキング上位になると、賞金や海外旅行などの豪華景品がもらえます。

ユーザー数 日本で国内トップクラス
稼ぎやすさ ポコチャライブと同じくらい
配信環境 簡単設備で、多機能
安全性 アダルト性やアンダーグラウンド性がない

 

 

第5位  Live Me(ライブミー)

  • 世界80か国以上の国で、ユーザー数が1億人以上
  • リスナーと1対1で話せる「ナイショ話機能」
  • 他のライバーとコラボできる「グループ配信機能」

Liveme(ライブミー)は、アメリカ発の全世界80か国以上で、ユーザー数1億人突破している、ライブ配信アプリです。誰でも簡単に無料でライブや生配信ができます。

人気のYouTuberのヒカルやラファエルも、このアプリを利用していて、時々配信していたりします。

他では見かけない機能も特徴的で、上の「ナイショ話機能」は、ライバーとリスナーが個別でチャットトークをすることができ、「グループ配信機能」では、コラボするライバーと一緒にいなくても、オンラインでコラボすることが可能です。

稼ぎやすさも特筆しなくてはいけません。Livemeはギフトをもらってお金を稼ぐことが可能です。ギフトとは、 Liveme でいうところの投げ銭と同じで、配信をしているリスナーからギフトがもらえることがあります。

リスナーはギフトを5コイン(=10円程度)から、送ることができ、リスナーからの投げ銭で活動資金の足しにしたり、生計を立てたりしているライバーもいるそうです。月に100万円以上のギフトが送られるライバーもいます。

ユーザー数 世界中に1億人以上のユーザー
稼ぎやすさ 投げ銭やイベントで稼げるので、稼ぎやすい
配信環境 誰でも簡単に無料
安全性 ライブ視聴方法の中に、近くで配信しています、と表示されるので、 注意が必要

 

 

 

第6位  Mix Channel(ミックス チャンネル)

  • 女子中高生に人気
  • ライブの時間制限なし
  • 若者のファンを獲得しやすい
  • 注目が集まる「スーパーコメント」

Mix Channel(ミックス チャンネル) は、日本で初めて500万ダウンロードを突破したライブ配信・動画投稿アプリです。動画投稿アプリとして、有名な Mix Channelですが、ライブ配信も可能です。

女子中高生のユーザーが多く、ミクチャからの支持を集めて、有名人になった方たちが数多くいます。ピコ太郎や渡辺リサも、ミクチャを利用して人気を集めて、有名人になりました。

また、他のアプリみたいに、ライブの時間制限がありません。他のアプリでは、時間制限があるものがあります。しかし、Mix Channelはそれがありません。そして、Mix Channel では、ライバーがリスナーのコメントに気付きやすくするために、ライバーや他のリスナーの目に留まりやすい「スーパーコメント」という、派手な演出をしたコメントも送ることができます。

ユーザー数 女子中高生が大半
稼ぎやすさ そもそも収益化機能がない
配信環境 ライブ時間の制限がない
安全性 アプリ自体は安全だが、未成年の使用者が多いので、 使用者本人が気をつければ問題なし

 

 

第7位  TwitCasting(ツイキャス)

  • 無料で利用でき、アプリやPCからボタン1つで配信可能
  • 累計配信時間や視聴者数が多いほど、利用できる配信モードが増える
  • ライバーの企画に投げ銭!「ツイキャス・キートス」
  • アイテムとお茶爆を投げて、配信を盛り上げる

TwitCasting(ツイキャス) は、PC・タブレット・スマホから、手軽に配信できるライブ配信サービスです。配信や視聴は0円で、配信を頑張れば頑張るほど、配信モードが増えて、ライブ配信の幅が広がります。その配信モードの幅を広げる方法として、リスナーからのアイテムが重要です。アイテムというのはツイキャスでいう投げ銭のことで、無料のアイテムと有料のアイテムがあります。有料のアイテムがライバーの収益となる投げ銭です。

これらのアイテムをリスナーが投げてくれる数によって、ライブ配信の盛り上がり度と配信の頑張り具合が見られます。

そして、2018年から始まった「ツイキャス・キートス」。ライバーが配信上での企画をつくり、その企画を応援したいリスナーが、その企画のスポンサーとして、投げ銭ができる機能です。クラウドファンディングのようなシステムといえば、理解しやすいかと思います。この機能により、ツイキャスでの収益化の道が広がりました。

ユーザー数 2700万人以上
稼ぎやすさ 投げ銭やキートスなど、稼ぐ手口の幅が広がっている
配信環境 手軽に配信できる
安全性 配信するうえでの、安全性は保障できる

 

 

第8位  Mirrativ(ミラティブ)

  • スマホ×ゲーム実況に特化した生配信アプリ
  • 手軽にVtuberが作れる「エモモ」
  • 人気のスマホゲームと連携

Mirrativ(ミラティブ)は、スマホゲームの実況に適しています

特に荒野行動やフォートナイトなどの人気スマホゲームは、ゲーム画面からミラティブを起動することができて、その画面からゲーム実況のライブ配信が可能です。

また、特徴的なのは、手軽にVtuberを作れる「エモモ」という機能。ミラティブ上で作ったアバターが画面上に出てくることで、Vtuberのようにゲーム実況や雑談を配信することができます。ライブ配信で自分の顔を出したくない方、恥ずかしい方にとってこれはおすすめです。

ただ、Vtuberは顔を出さずにライブ配信ができる反面、声質や滑舌の善し悪しが非常に重要になります。人気のVtuberの方たちは、滑舌が良く、特徴的で聞き心地のいい声質をしていますよね。

ユーザー数 1000万人以上、10代から20代
稼ぎやすさ 「ギフティング」という投げ銭のようなシステムがある
配信環境 スマホ1台のみで配信できるが、PCでも配信可能
安全性 24時間の監視体制なので、保証されている

 

第9位  SHOWROOM(ショールーム)

  • アイドルやアーティストなど、夢がある人たちが配信
  • 乃木坂や欅坂などの人気アイドルのメンバーも配信
  • トラブルが起きにくい仕組み ・ライブのような仮想空間

SHOWROOM(ショールーム) は、ファンをたくさん集めて、人気や仕事をもらいたいという、アイドル・アーティストの卵が、ライバーに多くいます。中には乃木坂や欅坂などの人気アイドルが配信

また、安全性に力を入れていて、少しでもライバーやリスナーが不快になるようなコメントは、 SHOWROOM運営が速やかに処置してくれます。

しかし、SHOWROOM はライブ配信で稼ごうとしている方にとっては、あまりおすすめできません。

ライバーの収益面に関して、SHOWROOM自体あまり力を入れているわけではなく、あくまでも、有名になりたい、夢を叶いたい、という方がライブ配信によって、それらを叶えようというコンセプトのもと運営されているので、ライバーの収益性に関しては、あまりおすすめできません。

ユーザー数 300万人以上
稼ぎやすさ 稼ぎにくい
配信環境 スマホ一台から、無料で始められる
安全性 高い。24時間体制で監視しているので、 トラブルが起こさないようにしている

 

 

第10位  YouTube(YouTube Live)

  • 全世界で20億人ものユーザーが利用している巨大プラットフォーム
  • 第2の検索エンジンでもある「YouTube」
  • アーカイブを残して、生配信動画に広告をつけて稼げる

YouTube(YouTube Live) は、全世界で20億人ものユーザーが利用している、動画配信サービスの王道といえる巨大プラットフォームです。動画のイメージが強いですが、生配信でも多くのユーザーがいて、ライブ生配信のアプリの中でもナンバーワンのユーザー数を誇ります。

しかし、だれもが自由に生配信ができるというわけではなく、事前に運営からの審査に合格しなくてはいけません。また、収益化をするには、以下の条件を満たす必要があります。この条件を満たすためには、多くの時間がかかり挫折する方がほとんどです。

①チャンネル登録者数1000名以上 ②過去1年間の動画再生時間4000時間以上

「スーパーチャット」といわれる投げ銭システムや、生配信のアーカイブに広告を載せて、稼ぐ方法もありますが、それらは条件を満たしてからの話で、ライブ配信で稼ぐというより動画で稼ぐということになります。

ユーザー数 20億人以上、第2の検索エンジンといわれる
稼ぎやすさ 収益化するまでの道が厳しい
配信環境 スマホ1台でも始められるので、お手軽
安全性 高い。ブラックな要素はない。

 

 

第11位  LINE LIVE(ライン・ライブ)

  • ラインスタンプや多種多様なフィルター機能が使える
  • 配信中のコメント量やハートの数によって、LINEポイントがもらえる
  • 毎月、魅力的なイベントを開催中

LINE LIVE(ライン・ライブ)は、SNSアプリであるLINEが、運営しているアプリです。

特徴として、ライブ中の顔の表情に合わせて、変化するLINE LIVE限定の「ラインスタンプ」や、おしゃれなフィルター機能があります。また、配信中の盛り上がりによって、LINEポイントがもらうことができ、LINE・LINEPayなど様々なアプリで、現金同様に使うことができるのです。もちろん、本物の現金と交換可能。

そして、LINELIVEでは毎月イベントをやっていて、イベント勝者の特典が魅力的!広告のモデルに抜擢されたり、有名ミュージシャンの楽曲提供など、あなた自身が有名になる特典は、お金ではとても代えられるものではありません。

ユーザー数 月に50万人以上
稼ぎやすさ 配信の盛り上がりによるので、 何とも言えない
配信環境 無料で、スマホ1台で、できるので手軽
安全性 サイト自体には問題ない

 

 

ぶっちゃけライブ配信アプリは稼げる?

どのアプリでもお金を稼ぐことはできます。

ただ、アプリによって稼ぎやすさや稼ぎ具合などは、非常に違うので、アプリのサービス内容などをリサーチして、選びましょう。

特に、今回紹介した第1位から第3位までのアプリは、稼ぎやすさや稼ぎ具合とともに、トップクラスです。

ライブ配信は最初から稼げるわけではありません。ゼロからのスタートです。

数か月間はお駄賃レベルの稼ぎにしかならないかもしれませんが、ライブ配信を頑張れば、稼げるようになり、立派な副収入として、本業として生計を立てていくことができます。

皆さんもライブ配信やってみませんか?

 

まとめ:自分に合ったアプリを選ぼう

今回の記事の内容は、 「ライブ配信をするなら、どこがおすすめか」 について、紹介しました。先ほど、ライブ配信アプリの名前を10つ挙げましたが、

  1. ユーザー数
  2. 稼ぎやすさ
  3. 配信環境
  4. 安全性

以上の4つを意識して、自分に合ったアプリを選べばいいと思います。

稼ぎやすさ・ユーザー数は、アプリごとによって非常に違いますが、配信環境や安全性に関しては、どこも申し分ないレベルです。

迷ったらこの3つをDL!

  1. ふわっちLIVE
  2. Pococha(ポコチャ)
  3. BIGO LIVE

何選べば良いか分からない人は、おすすめ3アプリをダウンロードして自分に合うかどうか試してみよう。どれも無料のアプリなので沢山ダウンロードしても損することはありません。アプリによってそれぞれの特徴やユーザー(属性)が違うので実際に使って体験するのが間違い無いでしょう。